読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

Withing WS-30を購入して設定するまで

http://www.flickr.com/photos/25939045@N00/4666310987
photo by kogakure


上記の写真はWithing WS-50です。


体重計にのって計る習慣がないし、体重計毎日のれば改善する意識も出てくるんじゃないかと思ってWithing WS-30を購入してみました。



Withing WS-50というちょっと高い版もあるけれど、これは体重だけでなく体脂肪と心拍数の測定が可能であるとのこと。


上記に加えて30分毎に室内温度と空気中の二酸化炭素濃度を測定してくれるというよくわからない機能も搭載されているようだ。




さすがにここまでの機能はいらないと思ったので、Withing WS-30を購入しました。


思ったよりも大きくて持ち運びには適さないけど、シンプルでiPhoneっぽい素材や形はすごくかっこいいと思った。


体重計というよりデバイスという感じがした。


http://www.flickr.com/photos/63313281@N00/6169140969
photo by wangsy

設定方法


最初設定したときは、毎回Bluetooth接続して測定していてなんかWifi接続の設定がうまくいきませんでした。


おそらくアカウントを新しく作ったほうがいいのかと思いました。以下のリンク先の手順でうまくいきました。


こちらにはiOS7ではうまくいかなかったという旨が書かれていますが、僕のiOS7ではうまく設定できました。(2014/6/7現在)


WifiでiPhoneと連携できる体重計WithingsWS-50レビュー | ダーフク.comWifiでiPhoneと連携できる体重計WithingsWS-50レビュー | ダーフク.comはてなブックマーク - WifiでiPhoneと連携できる体重計WithingsWS-50レビュー | ダーフク.com


Bluetoothだと毎回接続しないといけないし、たまに同期されてないという事態が生じたので、絶対にWifi接続にするべきだと思います。


UIも最近新しくなったりしていてこれからもっと使いやすくなるのがいいと思いました。


f:id:inagex:20140607123449p:plain


スマホ画面はこんな感じです。


f:id:inagex:20140607123735p:plain


普通の体重計にのってそれをグラフ化するのを自動化してくれるということが一番大きいと思います。


やはりなにかアクションするのも現状を把握したり、情報を知ることは大切だと思いました。


今後適度に運動していきたいです。


おそらく初めてiPhoneとハードを連携するようなものを使ってみたのですが、管理が一元化できたりしてすごく自然に使えるような気がしました。


今後IRKitとかLED電球hueとかも使ってみたいと思いました。


またこのあたりはiOS8で使えたり制御できるAPIが多数公開されるので今後もっとhotになるんではないかと感じました。


アップル、「iOS 8」を発表--「HealthKit」など新機能多数搭載 - CNET Japanアップル、「iOS 8」を発表--「HealthKit」など新機能多数搭載 - CNET Japanはてなブックマーク - アップル、「iOS 8」を発表--「HealthKit」など新機能多数搭載 - CNET Japan


Health Mate by Withings - 歩数トラッカーとフィットネスコーチ App

価格: 無料