pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

Taskeyをアップデート(ver 1.0.2)しました

f:id:inagex:20140221101707p:plain


本日Takeyをアップデート(ver 1.0.2)しましたのでその詳細とURLスキームの使い方です。


今回のアップデートの詳細です。

【改善点】
・編集時でもタスクを削除できるようにしました。
・タスク入力時にタスクと締め切り時間を消せるようになりました。

【新機能】
・設定に入力時と編集時における遷移のフリップアニメーションを任意に設定できるようにしました。
・URLスキームに対応しました。taskey://でTaskeyを起動できます。
・例えばQuicka2のようなアプリではtaskey://?text=[U]と登録しておけば、Quicka2からもタスクを入力できます。
・初回起動時のみのチュートリアルを導入しました。こちらのチュートリアルはSetting>使い方:Tutorialからも閲覧できます。


新機能ってほどでもないですが、URLスキームに対応しました。


ここではQuicka2とDueというiPhoneアプリを例に具体的な使い方を紹介していきます。

Quicka2を用いた例


Quicka2 - 検索を快適に App

価格: ¥100


まずQuicka2の一番下にある新規項目を追加を押してTaskeyのURLスキームを登録していきます。


f:id:inagex:20140221102616p:plain


以下の画像のように登録してみましょう。


f:id:inagex:20140221102715p:plain


画像を選択するの箇所は任意の画像でいいのですが、どうせならTaskeyを使いたいという方はこちらを使ってください。


f:id:inagex:20140221102934p:plain


ここで設定したのはあくまでTaskeyを起動するURLスキームなのでQuicka2から入力したテキストをTaskeyに登録できるURLスキームを必要に応じて設定します。



もちろんこのURLスキームだけでも大丈夫です。


以下の画像のように入力します。先ほどのURLスキームとの差別化のためにタイトルをTaskey入力にしました。


f:id:inagex:20140221103100p:plain


では実際にやってみましょう。


f:id:inagex:20140221103509p:plain


リファクタリングと書いてTaskey入力をクリック!


f:id:inagex:20140221103542p:plain


Taskeyに遷移し、テーブルの一番上に先ほどのタスクが挿入できました。

Dueを用いた例


同様にDueも設定していきます。


f:id:inagex:20140221103626p:plain


必要なのはtaskey://zというテキストです。


それ以外は任意でかまいません。


これでDueにリマインダーを設定し、設定した時刻がくると。。。


f:id:inagex:20140221103922p:plain
(※そろっていてきれいw)


きた!


これを押すと…


f:id:inagex:20140221103951p:plain


とビューが出てくるので、taskey://zを押すとTaskeyを起動することができます。


他アプリと連携することによってもっとTaskeyを便利に使ってもらえればと思います。


僕もTaskeyを実際に使っており、Quicka2やDueと連携することによって入力のしやすさや確認の頻度があがり、Taskeyをフル活用しているという状態になっておりますw


あとは友人から最初どうやって使ったらいいかわからないというお声を頂いたのでチュートリアルなるものを導入しました。


基本的に初回起動時のみチュートリアルが起動しますが、設定画面からもみることもできます。


今後もアップデートしていきます!


Taskey-入力が簡単にできる無料広告なしのシンプルなタスク管理アプリ- App

価格: 無料


けっこう個人的な要望やこうして欲しいという声もどんどん取りいれていきたいと考えているので、なにかあればぜひ!