pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

タスク管理アプリ「Clear+」の隠しテーマの出し方とデザインの選択について

f:id:inagex:20140104143701p:plain


使っているClear+の隠しテーマを集めています。


以前から日常のタスク管理として用いているのがこの「Clear+」です。


Clear+ Tasks & To-Do List App

価格: ¥500


このアプリはデザインもかなり気に入っているのですが、なんといっても遷移するときのモーションが他のアプリと違ってなんかいい。


たしかに最初は使いにくいかもしれないけれど、慣れれば使いやすくなりました。


また豊富なテーマを選択できるのもこのアプリの魅力なのですが、Clear+には隠しテーマというものが存在します。


それはある一定の条件を満たして出現するテーマです。


こういうのはすべて集めたくなるのが人間というものです。


こういったゲーミフィケーションの要素が本当にたまりません。


よくこういうのシークレットが出るまで集めましたよね??


f:id:inagex:20120727134351j:plain


では隠しテーマを分かる範囲と調べた範囲で紹介していきます。


隠しテーマについて


f:id:inagex:20140104144503p:plain


画像下部の名前の横に★がついているのが隠しテーマです。

Scorched


f:id:inagex:20140104150319p:plain


Follow the TeamからClearの開発チームの誰かをフォローするをフォローすると出現します。

Night Owl


f:id:inagex:20140104150338p:plain


深夜の0時〜3時に使うことで出現します。夜派の人はすぐに出てきたと思います。

Tweetbot


f:id:inagex:20140104150349p:plain


有料TwitterクライアントアプリTweetbotをインストールすることで出現します。

Path


f:id:inagex:20140104150400p:plain


無料アプリPathをインストールすることで出現します。

Vanilla


f:id:inagex:20140104150409p:plain


出現条件不明

まとめ


隠しテーマのためにアプリを購入したいとも思ってしまう。


やはりシークレットとか隠し〜とかサービスに入れるは大賛成だし、むしろ大きなサービスでそういうことをしなそうなところがそういったことをどんどんやってほしいです。


デザインは普通固定な場合が多いけど、そこにある程度選択肢を持たせてユーザーが能動的に行動することってけっこう好きなのでいろんなサービスに用いられれば面白いと思うし、そこで課金システムを導入しても稼げると思う。


Facebookも部分的にテーマとか選択できたらなぁって思う。


デザインのことはまったくわからないので、そういうの固定したほうがいいっていう意見もあるとは思うけど、服やiPhoneケースと同じでどうしても飽きてしまうときもあるし、気分転換に変えたいときもある気がする。


そういうテーマつまりデザインの選択できるということは、そのサービスの継続性にもけっこう直結するとも思うけど、そんなに単純なことでもないかとも思う。


Clear+ Tasks & To-Do List App

価格: ¥500