読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

githubでissueを作ってそれを消化していく by myself

f:id:inagex:20140102150247p:plain


githubで自分でissueを作って消化していくのをいまさらやって、消化するのが楽しいので共有したいと思います。

issueの作りかた


とても簡単です。サイドバーのissue項目をクリックするとこのような画面になります。


f:id:inagex:20140102150402p:plain


では新たなissueを発行していきます。



f:id:inagex:20140102150827p:plain


まずタイトルを書きましょう。
コメントはタイトルではわかりにくい詳細や画像などを加えることができます。


f:id:inagex:20140102150838p:plain


ラベルを付け加えることでそのタスクを詳細に伝えることができます。一人でやる分には自分にわかりやすくなります。

以下のようなラベルがあります。

duplicate : 重複,複製
bug : バグ
enhancement : 拡張
invalid : 無効
question : 質問
wontfix = "won't fix" : (報告された内容は認識しているが)修正するつもりは無い

最後のwontfixはwon't fixの省略したものなのでご注意を。


issueを作っていくとこんな感じになります。


f:id:inagex:20140102151357p:plain


ここでissue名の右横にうっすら書いてある#16というものはコミットする際に使用します。


例えば

git commit -m "#3 in case empty"とすると

このようにissueと結びつけることができました。

f:id:inagex:20140102151643p:plain


やりたい実装をどんどん追加してそれをissueを消化していくのはなにも決めないでただただ思いついたところから実装するというものよりもものすごく開発しやすくなると思いました。


今後もっとissueを利用していきます。