pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

Pocket WiFi 301HWを使った感想とスピードテスト

f:id:inagex:20131229235239j:plain


ULTRA WiFi SoftBank 007ZからPocket WiFi 301HWに変更してかなり快適になったのでそのことについてです。


先日2011年7月8日に発売されたULTRA WiFi SoftBank 007Zから


2013年12月6日に発売されたPocket WiFi 301HWに機種変更しました。


2年契約ということで今では007Zもかなり遅く感じており、電池持ちもいいとは言い難いので、変えてかなり快適になりました。


使ってみてよかった箇所をあげていきたいと思います。

使い心地がかなりスマホみたい


タッチパネル式のカラーディスプレイが搭載されており、スマホのように操作できます。


また007ZにおいてはSSIDやセキュリティキーはルーターのみで変更できなかったものの今回のは簡単にルーターから変更できます。


またこの端末のメーカーであるファーウェイ(HUAWEI)はデザインがiPhoneのようなAndroidを作ったりしており、デザイン面においてもiPhoneにひけをとらないくらいすばらしいです。


f:id:inagex:20131229235245j:plain


そのiPhoneのようなスマホはAscend P6です。


f:id:inagex:20131229225331p:plain


iPhoneよりも薄くて高級感あふれるデザインが特徴のようです。


世界最薄スマートフォン、ファーウェイ「Ascend P6」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE世界最薄スマートフォン、ファーウェイ「Ascend P6」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINEはてなブックマーク - 世界最薄スマートフォン、ファーウェイ「Ascend P6」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE


ファーウェイ『Ascend P6』はまるでAppleが作ったようなAndroidスマホファーウェイ『Ascend P6』はまるでAppleが作ったようなAndroidスマホはてなブックマーク - ファーウェイ『Ascend P6』はまるでAppleが作ったようなAndroidスマホ





ということで301HWもデザイン面においてかなり気に入っています。

通信速度


2.5GHz帯の「SoftBank 4G」、1.5GHz帯の「ULTRA SPEED」に加えて、イー・モバイルの1.7GHz帯も利用可能ということなので、期待のエースです。


下り最大110Mbps*1の高速通信ということがSoftBankにありました。


007Zと301HWでスピードテストしてみました。


f:id:inagex:20131229235254j:plain


まずは007Zからみていきましょう。


f:id:inagex:20131229233753p:plain


下り最大42Mbps、上り最大5.7Mbpsとなっているのでまあこれぐらいが妥当なのかなと思ったり。


では301HWをみてみましょう。


f:id:inagex:20131229233932p:plain


僕は目を疑った。しかしこれは夢ではなかった。


これが下り最大110Mbpsの力か。。ぜんぜん力が出せていないような状況になってしまいました。


やっぱり場所によりけりなのかな。

まとめ


圧倒的に301HWの勝ちかと思いきやまさかの301HWが負けるという…


測定場所は4G LTEの電波圏内にも入っているのに。


なぜだろうか。。


ちなみに自宅のSoftBankから送られてきたfonを測定してみると、かなり速い。


f:id:inagex:20131229234139p:plain


なんだかんだ自宅に設置してあるfonルーターはかなり快適である。


でもたしかに体感速度的にも結果に間違いはなさそう。


この結果について原因がいまだはっきりわからないが、いろいろな場所で試してみようと思いました。


Speedtest.net Mobile Speed Test App

価格: 無料

*1:通信速度の単位の一つで、1秒間に何百万ビットのデータを送れるかを表す値。大きければ大きいほど速いということ。