読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

【速報】DMTCに参加してきました。

雑記

土曜日の朝11時から今日の21時ごろまでDMTCという3〜4人でwebサービスを開発するというイベントに参加してきました。


まず開発といっても、企画から入りました。

企画のこと

3日間という期間はすごく短いので、すぐ開発が始まると思いきや、まずは企画を考えてつめるということにすごく時間がかかってしまいました。



例えば、使ってもらうユーザーのターゲットが曖昧だったり、絞れなかったり、サービスの機能で必要かどうかの吟味、使ってもらえるかの根拠、自分が使いたいサービスどうか、開発は可能かどうか、競合との差別化をどこではかるかなど多くの考える必要のある事柄がいっぱいでてきて、1日いっぱいほとんど企画を考えることになってしまいました。。


ペルソナをより具体的に決めることにより、本当にその人が必要な機能、動作を考えることができ、改めてより具体的なペルソナの設定は大事なんだと実感しました。


そして、ようやく決めることができたサービスは…


大学生一人暮らし向けの食の管理サービス。


これは、大学生とくに理系の一人暮らしの人は、食生活が偏っている方が多く、だめとはわかってもなかなか改善する気のおこらないユーザーをターゲットにしたサービスです。


今回はwebでのサービスですが、その特徴としては簡単に入力できて、その結果が短期間でグラフィカルにグラフで定量的にわかるサービスです。


入力のあたりは、zaimなんかを参考にしました。


また結果の部分には、かなりこだわりがあり、動きをいれたりしてより簡単にわかりやすく表示し、たとえば野菜すくないから食べようと換気してくれることをイメージしました。

開発のこと


まず開発するにあたって複数人で開発することがあまり経験がなかったので、どうすればいいか悩みました。


結局お互いのローカル開発環境を構築し、ある一人のところに集めて変更箇所をまとめて共有という手法をとりました。


また変更箇所をまとめる際はDropboxの共有フォルダに各々編集したファイルをいれて一人がまとめるという方法をとりました。


本来ならgitを使っても良い場面ですが、やったことのない人がいることと開発期間が短いということも考えた結果、Dropboxでの共有を選択しました。


ちゃんとDropboxのフォルダおよびファイルをリロードしなければいけないという問題以外はとくに不便なく開発できました。


またこのようなことができたのは、たまたまではなく使ったフレームワークであるcakePHPがMVCモデルであり、これのビューとコントローラーとモデルとwebrootのディレクトリだけ、共有すればほかの人の環境と同じように動作するということからちゃんと各々の作業の反映ができました。


開発にあたっては、最終的には簡単な流れのところまで実装でき、残りの問題点はまだあるものの、けっこう自分たちとしては満足のいく結果となりました。


問題点の例としては、

  • ログインが不安定
  • デザインが改善の余地あり
  • データが少ない
  • フロントとデータベースの連携がまだ
  • 入力機能
  • エラーのときの対応


などかなり多くあります。

まとめ


今年は最後のDMTCのイベントですが、また来年もあるようです。


普段あまりつめて企画を考える経験ということをすることがなく、またそれに対してフィードバックをもらえることはとてもいい経験で、これから一人で作る時にもかなり参考にできる部分がありました。


また開発のチームのメンバーにも恵まれ、みんなそれぞれ得意な分野を持っており、非常に勉強になり、なにより一緒に開発をしてとっても楽しかったです。


振り返ると、一人でできないことも協力したからこそ、作れた機能や考え方が多々ありました。


これからリリースができるサービスにできるよう頑張りたいと思います。


実はもうすでに本番環境に公開されているという…w