読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

iPhone 5sの指紋認証について

今回のAppleの発表を日本語同時通訳でみていたので、そのことについて書きたいと思います。

とはいってもみなさん、ほとんどがどんなものがでるだとかどんな性能だとかは、ニュースやほかのブログでもうすでに見てしまっていると思うので、僕はiPhone 5sの指紋認証にターゲットを絞ってみたいと思います。

僕はセキュリティに関しての知識はほとんどないのですが、パスワードから指紋認証に変わるにあたって、何が便利になって何が不便になるか考えてみました。

まずは、負の要素からいきたいと思います。

指紋認証の導入による不都合

  • 本当に本人しか端末内を見れなくなる
これは、本人が見てもいいよというときいちいち本人の指紋認証をしなければならないことになります。
例えば、友達にiPhoneを一時的に貸すシーンが多い場合は割と面倒なことが多いと思います。

僕のようにiPhoneを片手で持つ人にとって、パスワードロックであれば片手で打てるものの、指紋認証になればおそらく人差し指を使うと思うので、いったんもう片方の手を使うことになりそうです。
今までずっと慣れてきた作業だけに最初は違和感を感じてしまいそうです。

  • 変更がきかない
例えば、なんらかの間違えで指紋が流出してしまえば、それは変更できない情報なので危険な状態になります。
パスワードロックなら、簡単に変えることができるものの、指紋認証は身体の一部なので変更できないので各自がしっかりと管理することが必要です。
おそらくその点の保証に関してはAppleはなにも責任を負ってくれないと考えます。

  • 決済が簡単に
これは、各々によりけりですが、個人的には指紋認証による購入は便利で購買意欲を促進すると思うので、買いすぎないように注意が必要です。
この反面、未成年の課金問題については、親の指紋認証が毎回必要ということになればこの問題も解消されるのではないかと思います。

  • 手の肌荒れor乾燥肌の人は注意
まだどのくらいの精度で指紋を読み取ってくれるのか不明ですが、手の肌荒れや乾燥肌でiPhoneが入れないとなると困りそうです。おそらくその辺りは別の方法で解除できるなどなんらかの対処がなされていると思いますが、懸念点ではあります。

  • ホームボタンのシールが禁止!?
おそらく今まで利用されていたホームボタンのシールは5sには利用できないと思います。


ここまでいろいろと悪いことを述べたのですが、本当にこれだけだったらApple指紋認証を取り入れないでしょうし、それを上回るメリットがあると言えるでしょう。

ではメリットにいきます。


指紋認証の導入によるメリット

  • 安全性が大幅に向上
これは、不正利用が大幅に減るということです。不正利用とは、例えばiPhoneを拾った人が有料アプリを大量にダウンロードする、あるいは高額のお金を課金するなどです。
おそらく指紋認証にすれば、このような事態は確実に減るんじゃないかと思います。

  • パスワードを忘れるということ自体がなくなる
例えばふと、iPhoneのパスワードロックを忘れてしまった場合、各々の契約会社の店舗に行くと思いますが、指紋認証であれば、それ自体が起こる可能性はほとんどないです。その空いた脳の領域に英単語1つぐらいはいれることができるでしょう。

  • Appleのパスワードを忘れても大丈夫
アプリや音楽のダウンロードの際にIDやパスワードを忘れてしまっても指紋認証であれば大丈夫です。


デメリットのほうが、メリットよりも多く書いてしまいましたが、これから詳細がわかることで多くのデメリットが解消されるのではと思います。

iPhone 5sの購入を検討中ですー