pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

Amazonのキャンセルについてのメモと知っておいたほうがいいこと

先日Amazonで買い物し、意外と送料がかかる商品であることに気づき、普段あまり受け取り時間に自宅にいないこともあり、購入した商品を初めてキャンセルしました。

 

 

 

a0055_000581

 

 

そのとき知った知識と簡単な流れなどを説明したいと思います。

 

キャンセルするにあたっての前提知識

まず当たり前かもしれませんがキャンセルは、配送完了前であることが必要です。

 

配送されてしまったらそれは、返品という形になるので、今回は配送完了前という状況を仮定して話していきます。

 

また購入してしまったので、必ずキャンセルできないという可能性もあることも念頭に入れておきましょう。

 

キャンセルの手順

まず出品者にキャンセルリクエストを送信します。

 

これはAmazonのアカウントサービス→注文の履歴を見るから送ることができます。

 

まずこれを送信します。

 

タイトルを注文のキャンセルに変更し、メッセージを書きます。

 

メッセージは、注文をキャンセルしてもらう立場なので、謝罪の言葉を添えるといいかと思います。

 

そして出品者からメールあるいは、キャンセルリクエストが承認されれば注文のキャンセルは完了となります。

 

注文がキャンセルされると、注文の履歴のところから該当商品が消えているのを確認すればokです。

 

まとめ

本来は、注文のキャンセルをするべきではないのですが、もしできればキャンセルしたいなぁという気持ちでキャンセルしてみました。

 

その結果、夜分遅くにも関わらずメールでの迅速な対応に驚きました。

 

クレジットカード決済でその決済はどうなるのかと調べたところ、Amazonは商品が発送された時点でクレジットからの引き落としをしているようなので、今回の発送前のキャンセルのケースだと決済のついては安心なようです。

 

キャンセルの説明はしたものの、これからはこのようなことがないようにしたいものです。

 

出品者にも迷惑がかかってしまうだろうし…

 

今回は、自分の買う前の情報収集の足らなさが原因でしたが、今後はもっと吟味してキャンセルがないようにお買い物するのが一番知っておいたほうがいいことだと再確認しました。

 

詳細はこちらをご覧ください

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643010