pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

ターミナルのディレクトリの表示の青が見にくいのを変える方法とその詳細

普段自分はiTermを使っているのですが、lsしたときのディレクトリ表示の色が青で非常に見づらく見やすい色にしたので、その方法を共有します。

f:id:inagex:20130901115644p:plain

 

 

ターミナルの代表的なコマンドといえばlsです。

 

しかし、それをしたときにモノクロだとなにかぱっとしません。

 

こちらに詳しく書かれています。

 

漢のzsh (9) 世界はモノクロからカラーへ | マイナビニュース漢のzsh (9) 世界はモノクロからカラーへ | マイナビニュースはてなブックマーク - 漢のzsh (9) 世界はモノクロからカラーへ | マイナビニュース

 

 

 

 

 

 結論から言うと

.zshrcに以下を書けば見やすくなります。 

 

export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=DxGxcxdxCxegedabagacad

 

こちらの2行目で色を指定しています。

22個のアルファベットがあると思いますが、それぞれの順番で色を指定指定していきます。

 

01: ディレクトリ前景色

02: ディレクトリ背景色

03: シンボリックリンク前景色

04: シンボリックリンク背景色

05: ソケットファイル前景色

06: ソケットファイル背景色

07: FIFOファイル前景色

08: FIFOファイル背景色

09: 実行ファイル前景色

10: 実行ファイル背景色

11: ブロックスペシャルファイル前景色

12: ブロックスペシャルファイル背景色

13: キャラクタスペシャルファイル前景色

14: キャラクタスペシャルファイル背景色

15: setuidつき実行ファイル前景色

16: setuidつき実行ファイル背景色

17: setgidつき実行ファイル前景色

18: setgidつき実行ファイル背景色

19: スティッキビットありother書き込み権限つきディレクトリ前景色

20: スティッキビットありother書き込み権限つきディレクトリ背景色

21: スティッキビットなしother書き込み権限つきディレクトリ前景色

22: スティッキビットなしother書き込み権限つきディレクトリ背景色

 

こちらが実際に色をつけたい箇所に記入するアルファベットです。

 

a: 黒

b: 赤

c: 緑

d: 茶

e: 青

f: マゼンタ

g: シアン

h: 白

A: 黒(太字)

B: 赤(太字)

C: 緑(太字)

D: 茶(太字)

E: 青(太字)

F: マゼンタ(太字)

G: シアン(太字)

H: 白(太字)

x: デフォルト色

 

export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=DxGxcxdxCxegedaba

 例えばこの場合だとディレクトリ前景色に茶色を指定していることになります。

 

ぜひ自分にぴったりでしっくり色にしてみてターミナル作業を快適にしてみてください。