読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

Amazonのほしい物リストのChrome拡張がおすすめ

Chrome

スクリーンショット 2013-08-14 9.40.05

 

 

 

 

【Chrome拡張】Amazonほしい物リストに追加

 

おそらくこのブログを読んでいる人でAmazonで一度も購入してことがないという方は少ないかと思います。

 

僕は日々欲しいものがあればほしい物リストに入れていますが、ほしい物リストはとても便利です。

 

Amazonのほしい物リストは、Amazon以外の商品もほしい物リストに追加できるため、ほしい物リスト管理機能としても使うことができます。

 

そうすればなにがほしいいのかすぐに思い出すことができ、買うことを決意したらすぐに買うことが可能です。

 

Chromeにほしい物リストの拡張機能をつけるとどこのサイトでも登録できます。

 

なので、日頃Amazonじゃなくて楽天だなんて人も使えるわけです。

 

では実際にAmazon以外のところでやってみましょう。

 

楽天でほしいものがあるとき

楽天市場に出かけてみる

 

いらっしゃいませ。

スクリーンショット_2013-08-14_9.51.38

 

 

商品のページに行ってみます。

 

そうするとなにやらAmazonほしい物リストに変化が…

 

+マークがついています。

 

追加するとポップアップが出てきてきます。

そこでほしい物リストに追加するボタンを押して追加が完了となります。

 

ではほしい物リストからその商品を確認してみましょう。

 

スクリーンショット 2013-08-14 9.58.11

 

こんな感じで表示されます。

もちろんこのリンクを押せばさきほどの楽天の商品画面にいきます。

 

まとめ

非常におすすめなChrome拡張だと思いました。自分は、ほしい物などはListbookで管理していたのですが、主にほしい物リストを作ってそこに追加していきました。

このListbookはタスク管理やTodoリストとして用いているので、ほしい物リストはおまけなようなもので使っていました。

 

ListBook App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

 

デメリットとして

・ これだとほしい商品の名前を打たなければいけない。

・どこで見たのかわからない。

・すぐに購入に至らない。

・存在を忘れてしまう。

 

などがあったので、これを機会にすぐに欲しいものリストをAmazonのほしい物リストで一元管理することにしました。

Amazonならなんでも売ってますし、ほとんどの場合すぐに購入できるんではないかと思っています。

 

またAmazonでは具体的なほしい物が決まっていないときは、抽象的なほしい物をかける機能があります。

 

例えば、コーヒーメーカーがほしいけどまだ具体的には決まってないしそれをほしい物としたくはないなぁという方は、そのメモでコーヒーメーカーとすればいいのです。

 

f:id:inagex:20130814100959p:plain

 

 そうすればほしい物としてこのようにコーヒーメーカーが並びます。

 

またシェアもできます。 

シェアしたいようのリストを作ったり非公開のリストを作ったりその用途はいろいろです。

 

シェアしたいリストの具体的な使用例としては、スタートアップの会社などでほしい商品や生活用品などを募っていますね。

 

僕も今回そのようなシェアをしてみました。

 

ほしい物リスト

 

参考がてらご覧下さい。

 

まとめ

僕はAmazonのほしい物リストは、Amazonを見ていて気になったものをどんどん入れていたものだけの使い方しかしていなかったが、ほしい物リストはこれで管理しようと思いました。

とくに他のサイトの商品でも登録できるという点に驚きました。

今後電子書籍等も欲しいものリストに追加して購入していこうかなぁとも考えています。

ほんと便利なのでぜひ使ってみてください。

Chrome利用者は拡張をフル活用しましょう。

 

個人的におすすめなChrome拡張機能を精選してみました。 - 理系大学生のwebメモ個人的におすすめなChrome拡張機能を精選してみました。 - 理系大学生のwebメモはてなブックマーク - 個人的におすすめなChrome拡張機能を精選してみました。 - 理系大学生のwebメモ