読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

ライティングハイになるために

雑記

f:id:inagex:20130801080933j:plain

 

ランナーズハイのことはご存知でしょうか?

 
ランナーズハイとは?
マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくること。(Wikipedia参照)

 

これは、エンドルフィンという物質の分泌によるものらしいです。また2人以上になるとそれが分泌しやすくなるとか。。

 

結論からいうと僕はこのことは、マラソンに限らずもっと普遍的に言えることだと思う。

 

身近な例をあげると、今僕が書いているこのブログです。

 

僕はたいてい電車である程度書いてPCで微調整というブログの書き方をしていますが、その行為がはかどるときとはかどらないときがあります。

 

はかどるとき

はかどるときは、どんどんアイデアや書きたいことが湧き出てそのブログは明日投稿するつもりなのに早く投稿したいという焦燥感に駆られます。

たいてい僕のブログで文章が長いときはそのようなときです。

これがタイトルの通り、ライティングハイというものではないかと思います。

ひょっとしたらこのブログを書いているときはライティングハイなのか!?

 

 

はかどらないとき

逆に今日なにを書こうかぜんぜん思い浮かばないときは、本当にはかどりません。リーダーや自分のアプリや使っているwebサービスを振り返ってもなかなか記事が書けないときもあるのです。これにしようかな?いやダメだなど負の連鎖にどんどん落ちていくこともあります。

 

もっと視野を広げて僕はランナーズハイだけに限らず、どんなことにも「〜ハイ」は言えると思います。

 

つまりどんな人にも調子がよい悪いがあるわけです。

 

自分は、どんなときにライティングハイになりやすくて、どんなことが要因でそうなるのかまだまったくわかっていないのですが、これから分析していこうと思います。

 

スポーツをやっている方は今日は調子がいいとかは自分の身体なのですぐわかると思います。

 

そういうことをどんな要因で調子がよくなって、どんなことをしてしまうと調子が悪くなるということを自ら分析し尽くしてコントロールできるのがプロにとって1番大切な要素なのかなと思います。

 

これは、プログラミングや仕事にももちろんはてはまると思います。

 

すらすらやりたい実装ができて、プログラミング最高!という日があれば、このバグなんだぁ´д` ;まったく解決できなくてどうする〜みたいな日もあります。

 

自分は、昔からなにごとに対しても調子の波が激しいので、こういうことをちょっと意識するだけでも変わってくるのかなぁと思います。