pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

Facebookなりすまし注意!

最近Facebookの友達申請に知らない人からよくくるようになりました。

 
f:id:inagex:20130729125027j:plain
 
しかもそれがここ最近頻繁にくるようになりました。

 

それらを見分ける特徴として
 
  • 顔写真がない
  • キャラクターの画像を用いている
  • 友達が少ない
  • プロフィール情報が少ない
  • 異性である
などがあります。
 
スパムする側も考えたのか、友達に似た名前の方が申請してくることもあるようなので、つい押してしまわないように気をつけましょう。
 

主な手口は、ターゲットと同姓同名の架空アカウントを作り、そのターゲットがすでに友達になっているユーザーに友達申請を出していきます。

友人たちは、すでに友達のユーザーから改めて申請が来ることになるため、不審に思ったユーザーは承認しません。

しかし、知った名前からの申請に違いないので、ターゲットの友達のうち一定数は、友だち申請を承認してしまうのです。

みんながみんな友達かを把握しているわけではないですからね…

こんな感じできます。

 

f:id:inagex:20130729131056j:plain

 

これまでの架空スパムアカウントは、美人画像などを使って無差別に友人申請を送るというやり口でしたが、今回のなりすまし方法にすることによって、より友達承認される確率が上がるため、短期間で本物っぽいアカウントを作ることが可能となります。

 

 

承認するとどうなるの?

自分はまだ被害にあったことはないのですが、メッセージを用いてどうやら有料サイトに誘導されるみたいです。
 
そこはどこのスパムや悪質サイトも変わらないようです。
 
いずれも不安であれば友達に確認をとったほうがいいと思います。
 

今後の懸念

今後ますます承認してしまうと悪用されることはまちがいなさそうです。
 
例えば、その人を偽り友人との関係に亀裂がなんてことも、おれおれ詐欺の手段として使われてしまうかもしれません。
 
本名を用いることによる、SNSのデメリットが露呈してくるんじゃないかと思います。
 
ではスパムアカウントにはくれぐれもきをつけてください。