読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

バイオメトリック認証技術の進歩について

雑記

バイオメトリック認証技術というものを知っているでしょうか?

f:id:inagex:20130720112327j:plain

バイオメトリック認証技術というものは、

身体情報を用いた本人認証のことをいいます。

バイオメトリック認証技術の特徴

バイオメトリック認証技術の特徴としては

  • 誰もが持っている

  • 唯一その本人のみが持っている

  • 時間の経過とともに変化しない

があります。

例えば今普及しているものでは、指紋認証や顔認証などがあります。

しかしバイオメトリック認証技術は指紋認証だけではないのです。

拳形や虹彩、声紋、署名、静脈などもあるのです。

それぞれの方法にはメリット、デメリットがありますが、今後の普及に期待です。

バイオメトリック認証技術はいいところばかりのような気がしますが、身体の一部ゆえの問題もあります。 その問題と考えてみたことをまとめてみます。

バイオメトリック認証技術の問題

  • 取り替えのきかない情報であること

身体的な情報なので、例えば指を切ってしまったりすると認証できなくなってしまう。 また指紋を盗まれた場合の危険性も非常に高い。 パスワードのように再生成できないので、盗まれた場合の対処が課題のように思われます。

  • 本人の同意なく情報を収集しやすい

これはまだバイオメトリック認証技術が普及してないので、それに対する抵抗感がないからかもしれません。 また身体は常に露出しているため、カメラで本人の同意なくとることが可能なケースも考えられる。

  • データから本人特定できる

身体情報は個人と直接リンクした、つまり1対1の関係なので、身体情報から本人を特定できるという危険もある。

  • 本人の副次的な情報も漏洩する可能性がある

例えば、網膜の血管パターンから、糖尿病などの病歴をしることができるかもしれない。 つまり本人が公開を望んでいない情報までもが漏洩することがあり、プライバシーの問題もある。

まとめ

以上のようにまだまだバイオメトリック認証技術には多くの解決しなければいけない問題があるようです。

個人的には現段階では、メリットよりもデメリットのほうが多いような気もするので、カードやパスワードでいいかなとも思います。

もしかしたら、もう10年したらパスワードやカードを持つ必要がなく、自分の身体情報がその役割を果たす日がくるかもしれません。

suicaなどもバイオメトリック認証技術になったらおもしろそうですね。

つまり身体情報で課金できるシステムがあって、改札口を指紋で認証して通ることができればsuicaを忘れるということがなさそうです。

でもそうしたら、身体情報でお金を用いることができるのですから窃盗よりも危険な犯罪が増えてしまいそうですが。。