pixyzehn blog

iPhone App, Mac App, Programming, Web service, Tool, Evernote, etc

物忘れを防ぐためのタスク管理アプリ「ListBook」

僕が毎日のタスク管理に用いているiPhoneアプリ「ListBook」です。

 

ListBook App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

 

僕はいろいろなタスク管理を使ってみて1番使いやすいと思い、かれこれずっとこれを使っています。
 

 

 
タスク管理アプリは、どれが1番などはありません。
 
なぜなら、どれだけ詳細なTodoリストを使いたいかやどれだけいっぱいのタスクがあるかは個人個人で差がありで違うことであるからです。
 
なのでこのアプリは、一概にすべての人にオススメではないのですが、ひとつの参考に考えてもらえれば嬉しいです。
 

どうやって使うの?

 
このアプリのメイン画面は二つあります。
わかりやすく
  • タスク管理画面
  • カテゴリー管理画面
とします。
まず、カテゴリー管理画面からみていきましょう。
 
f:id:inagex:20130719092553j:plain
 
ここでは、タスクをカテゴリー分けします。
僕はいろいろ試行錯誤して、この分け方に至りました。
 
まず大事なポイントとしますと
期限があるものと期限がないものに分類します。
 
つまり優先順位的に期限があるもの>期限がないものとなります。
 
僕としては
期限があるもの
->短期的な課題やタスク、後でしたいこと
 
期限がないもの
->長期的な課題やタスク、空き時間にしたいこと、欲しいもの
 
と考えて整理してます。
 
上記のプラスαで、期限があるものと期限がないものプラスα仕事のタスク、プログラミングでやりたいことなど、適宜自分にあわせて用いれば使いやすいかなと思います。
 
f:id:inagex:20130719092005j:plain
 
こちらは、タスク管理のカテゴリー分けの管理画面です。
 
ものすごいシンプルで、ほとんど説明いらずなところも気に入ってしまいました。
 
アイコンの選択肢も種類があります。
 
ちょっと話がそれてしまったかもしれませんが、次にタスク管理画面をみてみましょう。
 
f:id:inagex:20130719091753j:plain
 
ここでは、下にスライドするだけで新規タスクの作成ができます。
 
左下にあるのはフィルタといって、終了したタスクを薄く表示したいかそれを表示しないかが選択できます。
 

まとめ

 
僕はタスクを記入するとき、なるべく後で自分がみてわかりやすいように書いています。
 
それは僕がほかのことをすると、
「あれさっきなにしようとしたんだっけ?」
みたいなことが数多くあるからかもしれませんが…
 
僕は
>「あれさっきなにしようとしたんだっけ?」
というものがすごく嫌で、なかなか思い出せないとすごく後悔し、思い出すまでうんうん唸ります。
 
もしかすると、それを防ぎたいためにタスク管理しているのかもしれないです。
 
全部覚えられる人は、頭がタスク管理ですからね。
 
ぜひこの記事を参考にして自分なりの使い方を編み出してみてください!
 

ListBook App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170